映画日記「トレイン・ミッション」(原題「THE COMMUTER」)


「96時間」シリーズで大暴れお父さんがいたについたリーアム・ニーソンも御年65才!
でもまだまだ暴れたりないようで、今回も疑心暗鬼全開で暴れてくれる「トレイン・ミッション」見てきました!

あらすじ

マイケル(リーアム・ニーソン)は、10年間勤勉に働き続けた保険会社を60歳でリストラされる。いつもの通勤電車で帰路につき、顔見知りの乗客に挨拶しながらも、頭の中は住宅ローンと息子の学費のことでいっぱいのマイケルの前に、見知らぬ女が座る。彼女は、乗客の中からある人物を見つけてくれれば10万ドルの報酬を払うと持ちかける。ヒントは、常連客ではない、盗品を隠したカバンを持っている、終点で降りる、プリンと名乗る、というもの。マイケルは高額の報酬に抗えず、元警官のスキルを駆使してその乗客を探し始める。しかし、さすがに無理だと諦めようとしたとき、妻と息子を人質に取られてしまう。やがて、“プリン”が重大事件の目撃者だと知ったマイケルが、あと数人まで絞り込んだとき、恐るべき陰謀が明らかになる……。

所感

リーアム・ニーソンって、「96時間」のイメージが強すぎて、いつも大切な人を人質に取られてて、正体不明の敵に脅されてて、疑心暗鬼になっている気がします。

さて今作の「ジャウム・コレット=セラ」監督、「アンノウン」「フライトゲーム」「ラン・オールナイト」に続いて「リーアム・ニーソン」と4度目のタックらしく(「96時間」は「トランスポーター」の「ピエール・モレル」)、なるほどどおりで同じ疑心暗鬼系映画なわけです。
このまえの「フライトゲーム」でも似たような感じでしたが、今回は舞台を飛行機から列車へと移し、終点までの時間をタイムリミットとしてある人物を探すという仕事をさせられます。
ちなみに彼の職業は保険会社社員ですが、そこは「リーアム・ニーソン」当然のごとく「元警官」という設定が入ってます(完全に暴れフラグ!)。

今作の興味深い点は、舞台となる列車が「オリエント急行」のような長距離列車ではなく、原題「The Commuter」にもあるように「通勤列車」な点です。だいたいが顔見知りで、その実お互いのことを何もしらない。そして終点までという短い時間制限。これらの要素が、物語をいい感じにミスディレクションし、スピーディー(これ大事!)に展開させてくれます。

王道的アクションサスペンスで、逆にいうとよくある話の集大成的なとこもありますが、完成度は高く大満足でした。
「フライトゲーム」ではいろいろ無理があるとを感じた人も、今作はもっと楽しめると思います。

さて今回気になった俳優さんは、ラストでダチョウ倶楽部の「俺も俺も」的展開になる部分があるのですが、ここで落ちを演じる乗務員訳の人。物語の合間でも特に展開にかかわる重要ではないわき役なのですが、なんかコミカルで面白いです。見た目は優男風、でもしゃべると甲高いコメディ声。シリアスな場面でちょこちょこ笑わしてくれます。ただ、この人wikiとかのキャスト一覧とかにものってないんですよねー。
誰か名前わかる人いたら教えて下さい!


0 件のコメント :

コメントを投稿