映画日記「ワンダーストラック」


「ジュリアン・ムーア」が味のある役を演じるも、「キングスマン2」の印象が強すぎて若干気持ち入りにくかった「ワンダーストラック」見てきました!

あらすじ

1977年、ミネソタ。母親を交通事故で亡くした少年ベンは、母の遺品の中から、会ったことのない実父に関する手がかりを見つける。その50年前、1927年のニュージャージー。厳格な父に育てられる聴覚障害の孤独な少女ローズは、憧れの女優リリアン・メイヒューの記事を集めたスクラップブックを大切にしていた。ある日、ベンは父を捜しに、ローズは憧れの女優に会いに、それぞれニューヨークへ向かう。2人の物語は、やがて不思議な縁で結びつき……。

所感

いろいろビミョーな作品でした。
作り手の情熱とかテーマみたいなのは重々伝わってくるのですが、いまいち心に響かなかったなかなー。

1927年を旅するローズが聾唖者で、合わせるように1977年のベンは落雷による事故で聴力をなくす。この結構無理くりなまでの展開で耳が聞こえない状況を作り、1927年1977年をザッピングしながら話すすんでいくのは、結構期待させてくれるんだけど、この二つの話が場所が同じというだけでいまいち話がからまない。

こった演出するわりには、あまりいかされてる気がしないんよねー。聞こえないが故の行動によって、ローズの行動と絡んでいってくれる不思議な運命みたいなものを期待したんだけど、どちらかというと、耳が聞こえないが故に遠回りさせられているように感じてしまうお話でした。(最初に本屋の場所を、黒人の子がちゃんと教えていればそれでよかったのでは・・)

さて、内容はさておきキャストできになったのは、冒頭でも書いた「ジュリアン・ムーア」。主人公の祖母のという役ですが、魅力ある女優さんです。ただ先日の「キングスマン2」のキャラ設定が濃すぎて今回の役柄を素直に受け止められません(笑)。
そしてもう一人、その子供時代を演じた1927年のローズ役の「ミリセント・シモンズ」。あまり過去作品のない彼女は、自身も本当に聾唖者らしくその特徴を強味に強い印象を残しています。
秋公開予定のモンスターホラー「ア・クワイエット・プレイス」にも出演しているようで
こちらも期待です!

あと、冒頭で気づいたのは、「AMAZON STUIDO」のロゴ。
youtubeとかで制作したドラマの予告よく流れてるけど、映画もでてきてるんですねー。
今回はいまいちでしたが、こういう万人うけしなさそうな映画に力をいれてくれるのはありがたいことです。SF,ホラーとかもガンガンお金だしてほしいなー。

丁寧な作りなので一応最後まで落ちずにみれましたが、DVDだと一気見は自信がないタイプの映画でした。評価の別れる作品かなー。
まあたまに、こういうほんわかした映画をみるのもいいか。

0 件のコメント :

コメントを投稿