映画日記 「テルマエロマエ」

阿部寛主演の銭湯コメディ「テルマエロマエ」
風呂コメディ「テルマエロマエ」
阿部寛主演の銭湯コメディ「テルマエロマエ」見てきました!

あらすじ

時は古代ローマ、アイデアが行き詰まり失業した浴場設計技師のルシウス(阿部寛)は、友人に誘われた公衆浴場でタイムスリップしてしまう。たどり着いた場所は、何と現代日本の銭湯!? そこで出会ったのは真美(上戸彩)ら“平たい顔族=日本人”。彼らの風呂文化に驚愕したルシウスが、その文化をローマに持ち帰り再現すると、たちまち評判になるが、次第にローマ帝国の運命に深くかかわることに…(AMAZONより引用)

所感

漫画読んじゃってたし、そんなに期待せずみたんだけど、おもろいね。

阿部寛は、「トリック」以降この手のおもろキャラがはまり役。
ヒロインの上戸綾もええ味だしてる。
なんか生活感のあるだらしなさがちょっとエロくてええのねー。


原作と話はほぼ忠実なんだけど
設定と大筋の話をなぞった上で、

原作では、古代ローマの話は、つながってるけど
現代の日本はキャラがつながってないところを
(エピソードごとに違う)
日本人がわのキャラクター(上戸綾)を継続する形にしてる。
映画的には、このほうがいいですねー。

しかし、この映画。何がすごいって、ローマ人役の日本人役者の違和感のないところ。
これは、すごく不思議。

あと、個人的は、竹内力也がよかったなー。
ちょっとしたお笑いシーンも漫画と同じでわかってるのに、笑ってしまった。

見る人を選ばず無難に楽しめる映画だと思います。
お勧めです!

0 件のコメント :

コメントを投稿