映画日記「GODZILLA 決戦機動増殖都市」

「GODZILLA 決戦機動増殖都市」  
ポリゴンピクチャーの放つアニメ版ゴジラ第二弾「GODZILLA 決戦機動増殖都市」見てきました!

あらすじ

ゴジラに蹂躙された地球を取り戻すため決死の戦いに挑んだハルオをはじめとした人類だったが、地中深くから現れた真のゴジラ=ゴジラ・アースに敗退。ハルオは、かつての地球人類の生き残りと目される「フツア」と呼ばれる民族の少女ミアナに助けられる。フツアもかつてゴジラに敗れたと言い伝えられていたが、彼らの持つ金属のナノメタルが、21世紀に対ゴジラ決戦兵器として開発されたメカゴジラを構成する物質と同じものであることが判明。メカゴジラの開発プラントがいまだ残されていることが明らかになり……。

所感

映画作品とはまったくつながらないアニメ版ゴジラシリーズ。
前作「GODZILLA 怪獣惑星」では、未来の地球を舞台にしたSFとして作られていましたが、今回もその続編。前作ではほぼでてこなかった生き残った人類との接触が描かれます。

前作は、地球人以外の種族もでてきて共存している世界観でちょっと「スタートレック」っぽさもあり、そういうハードなSFという見方だと面白かったのですが、モンスターが「ゴジラ」である必要性が感じらず、オリジナルモンスターでいいんではないかとか、ちょっと安易にゴジラのネーミング、フォルムを使ったみたいな印象をうけました。

しかし、今作では、モスラの存在をちらつかせ、メカゴジラシティなるものが登場し、さらにはキングギドラの影も!
一気に怪獣大戦争になる兆しをみせてくれるのですが、何が悲しいって今作では結局どれもでてきません!なんで!

特にメカゴジラは、前作の最後でも予告でも完全ににおわせてたので、絶対でてくるものだと思ってたので、かなり肩すかし!モスラもちらつかせるだけ!
先日みた「レディプレイヤーワン」でも登場して気持ち盛り上がってた分、肩すかし感倍増です!

ということで、今回もゴジラ対人類(3種族連合)の戦いのみ。対抗する兵器も、増殖したナノメタルとAIからなる「メカゴジラシティ」(なんやその名前!)とそこから作られる人型軌道兵器「バルチャー」だけ。

ちょっと気持ち不完全燃焼のまま終了・・・
最後、都市がガチャガチャして、立ち上がると思ってたのに・・
この商品なんやったん!?
映画にでてこなかった「メカゴジラ」
出典:プレミアムバンダイ

次!次に期待!
絶対全部でてこいよ!
頼みます!

 

0 件のコメント :

コメントを投稿