映画「フォロイング」 原題「Ghost House」

「ワタベ」が迫ってくる「フォロイング」
「フォロイング」

斬新なアイデアが面白かった「イット・フォローズ」のプロデューサーが手掛けるショッキング・ホラー見てきました。

あらすじ

タイで非業の死を遂げた日本人女性の霊が巻き起こす恐怖を描いたホラー。旅行でバンコクにやって来たジュリーと恋人ジムは、同じホテルに宿泊していた青年ロバートに誘われ、霊がまつられているという祠(ほこら)を見に行くことに。しかしジュリーが祠の中に置かれていた像を思わず手に取ったことから、彼女だけに見える醜い老婆の霊が解き放たれてしまう。2人は現地ガイドのゴゴの協力で森から抜け出したものの、それ以来、ジュリーは神出鬼没の老婆の霊に襲われるようになり……。

所感

斬新なアイデアが面白かったローバジェット映画「イット・フォローズ」
「イット・フォローズ」
「イット・フォローズ」
の制作陣が作ったということで、また新しいアイデアを期待してみてきましが・・。

新しいアイデアは皆無!
そしてまったく怖くない!

タイが舞台の合作映画なので、せめてタイの妖怪かなんか期待しましたが、でてくるのは日本人の女幽霊。この時点で、またできの悪い「呪怨」「リング」っぽくなるののかと残念に思いみていると女幽霊の名前は「ワタベ」?!え、「名前」じゃなくて「姓」なの?!
どうしても、毎回この「〇〇が手掛ける・・」に騙されてしまいます。
しかも、制作陣のデータをみても同じ名前が見当たりません・・だ、誰が被ってるの!?

話の骨子は、サム・ライミ制作の同じくばばあ幽霊につきまとわれる「スペル(原題:Drag Me To Hell)」を思い出させます。

こっちはギャグ的な「サム・ライミ」節があったのでよかったのですが・・

特に終盤、もろもろあって「ワタベ」は物理的に現実化するんですが、こうなるとただのばーさん。「It」のボスをタコ殴りするかのようにみんなでぶん殴れば勝てそうな気がしました。

安直なストーリー展開がいただけない、ホラーへの愛が感じられない1作品でした。
もう少しちゃんと作ってほしいなー。

データ

映像データ

原題 Ghost House
製作年 2017年
製作国 アメリカ・タイ合作
上映時間 100分

スタッフ

監督 リッチ・ラグズデール
製作 ケビン・ラグズデール
製作総指揮 デイモン・ヒリン
      ルーク・ダニエルズ
      ブランドン・ホーガン
      アラン・パオ
原案 ケビン・ラグズデール
   リッチ・ラグズデール
脚本 ケビン・オサリバン

キャスト

スカウト・テイラー=コンプトン
ジェームズ・ランドリー・ヘバート
マーク・ブーン・ジュニア
エラナ・クラウズ

0 件のコメント :

コメントを投稿