映画日記「デッドプール2」


「ライアンレイノルズ」
が自虐ネタをほりこむ「デッドプール2」見てきました!

あらすじ

最愛の恋人ヴァネッサを取り戻し、お気楽な日々を送るデッドプールの前に、未来からやってきたマシーン人間のケーブルが現れる。ヴァネッサの希望を受けて良い人間になることを決意したデッドプールは、ケーブルが命を狙う謎の力を秘めた少年を守るため、特殊能力をもったメンバーを集めたスペシャルチーム「Xフォース」を結成するが……。
(出典:「映画.com」)

所感

パート1を見た感想は、Xーmenに少しクロスオーバーする感じで、ストーリーは普通。病気からハルク的放射能能治療で、急に元気で饒舌になったプールが、くどいギャグで暴れるという印象。
原作自体にはうとかったので、「デッドプール」ってふーんこんな感じなんやねーくらいで、若干見る人選ぶ映画かなーと思ったけど、今作はいけてます。

冒頭から「ローガン」をいじり、随所に下ネタ、自虐ネタをほりこみラストに最強の自虐ネタをつっこむ。
メインのストーリーラインはしっかりとしながら、パート1では感じられなっかった、波にのった悪乗り感が絶妙なバランスでマッチしてます。

こまごまはさんでくるパロディやギャグに、下地の知識がいるという点では、見る人を選ぶ部分はのこってますが、メインストーリーに関係あるわけではない小ネタなので、そこは無視してもついていけます。

あ、でも最後のギャグを楽しむためにも「ウルヴァリン:X-MEN ZERO」と「グリーンランタン」は見といたほうがいいもですね。
「ウルヴァリン:X-MEN ZERO」 「グリーンランタン」

ストーリーは、ターミネーターっぽい既視感はありますが、悪乗りと、メインストーリーの波をいい感じに乗りこなしている楽しい作品だと思いました。


 

0 件のコメント :

コメントを投稿