映画日記「ダウンサイズ」 原題「Downsizing」






あらすじ

ノルウェーの科学者によって人間の身体を縮小する方法が発見され、身長180センチなら13センチにまで小さくなることが可能になった。人口増加による環境、食料問題を解決する「人類縮小200年計画」が立ち上がり、一度小さくなれば二度と戻ることはできないが、それでも各国で小さくなること(ダウンサイズ)を選ぶ人々が徐々に増えていく。アメリカのネブラスカ州オマハでストレスフルな生活を送る、どこにでもいる平凡な男ポール・サフラネックは、少しの蓄えでも裕福で幸せな生活が遅れるという縮小された世界に希望を抱き、ダウンサイズを決意。しかし、土壇場で妻のオードリーが逃げ出してしまう。ポールは縮小された人間たちの世界で、ひとり寂しい生活を送ることになり、自暴自棄になるのだが……。

所感

「マッドデイモン」の「オデッセイ」がすごくよかったので、その余韻だけで特に期待もなくふらりと鑑賞。
結構酷評も多いこの作品ですが僕はじわっと面白かった。

小さくなるまでのSFコメディ色の強い前半から、後半は若干重めのテーマ性もち、
現代社会を皮肉ったような展開になっていきます。

こういう感じは嫌いじゃないんだけど、残念なのは、後半の展開で別のテーマが大きくなりすぎて、あまり小さい人としての描写や意味が薄まった感がある点でした。

なんというか、単なる隔離された小さな社会の話という感じになってしまってます。
昆虫や小動物が襲ってきたりとかそんな展開は皆無です(笑)。

ちょっと欲張りすぎたというか、欲張るなら、もっと設定をからめて
とことん欲張ってほしかったという気もします。
逆にいうと小さい人という設定なしでも成立する話の骨子があるので
そのへんは、安心してみれるお話でもあります。

さて、今回役者ですごくいい味をだしてたのは主役を食う勢いのこの二人。
一人は、ヒロインの「ホン・チャウ」。
結構おばさんなんで、役柄も強いおばさん感ある雰囲気をだしてるんですが
時々かいま見えるなんとも言えない可愛さがすごくいいです。
もと難民という役どころですが、プロフィールによるとほんとに元難民ということで
この辺もリアル感じつながっているのでしょうか。

もう一人は、「ポール」の上階に住む「ドゥシャン」を演じる「寺島進」っぽい雰囲気の「クリストフ・ワルツ」。いい味だしまくりです。
主演の作品も結構あるみたいで、この人の出てる作品をさかのぼってみてみたくなりました。

良作のSFヒューマンコメディというとこで、オススメの一本です。

0 件のコメント :

コメントを投稿