映画日記「エルサレム 」


イスラエル産のPOVホラー「エルサレム」見てきました!

あらすじ

1年前に事故で兄を亡くしたサラは、友人のレイチェルと共にニューヨークからイスラエルへと旅行に向かう。 機内で知り合った人類学者のケヴィンに誘われ、「聖なる都」エルサレムに滞在することになる。 そんな中、サラはケヴィンからある言い伝えを聞かせられる。ここエルサレムでは、過去に何度も死者が蘇ったことがあると。 その後ケヴィンの様子はおかしくなり、「エルサレム シンドローム」と診断され地元の病院に監禁される。 そして翌日。この地で最も神聖な日と言われる“贖罪の日"が訪れるが、 突如街の至る所が爆破され、サラたちは軍隊によって旧市街地に隔離されてしまう。 さらに、街には人間ではない異形の者たちの姿が現われ、真の恐怖による聖なる夜が始まる。 そう、3人は聖書の黙示録の渦中に自分たちがいる事を知るのであった。 死者たちが立ち上がり、旧約聖書「サムエル記」に登場するゴリアテが出現、ついに地獄の門が開くのだった! ! !
(AMAZONより引用)

所感


全編グーグルグラスでとってるというアイデアは先進的で好き。
これなら、いつまでカメラもっとんねん!
という突っ込みも不要で安心してみれます。

ただその点以外は、ある程度分かってみにいってたけどしんどいなー。

まずPOVによくありがちなお決まりの日常シーンが長くてだるい。
(予告にある爆撃までが長い長い・・)

もう少しここで設定や回収できる伏線をがはいっているならまだしも
そうでないなら、キャラ設定がわかる最低限のシーンにとどめて欲しいと思うし
そもそもなぜこういう馬鹿っぽい男女の話をながなが入れるのか不思議。

事が始まってからもギャーギャーうるさいだけなのも勘弁してほしいし
いいかげん女性だからパニくるというようなバカにした表現もやめてほしいものです。

さらに言うと、この手の映画ってラストの落ちをうやむやにするケースが多いのだけど
今回の「エルサレム」も例にもれず適当。
この点だけでもちゃんと納得できるものにしてくれたら
評価ぐっとあがるのになー。

まあ、まったくすすめませんが
POVマニアなら、どうしても暇なときに見るのはいいかも。

 

0 件のコメント :

コメントを投稿