映画日記「THE WAVE/ザ・ウェイブ」「ノルウェー」産のディザスタームービー「ザ・ウェイブ」

あまりおめにかかることのない「ノルウェー」産のディザスタームービー「ザ・ウェイブ」
「ノルウェー」産のディザスタームービー「ザ・ウェイブ」

あまりおめにかかることのない「ノルウェー」産のディザスタームービー「ザ・ウェイブ」見てきました!

あらすじ

ノルウェーのガイランゲルフィヨルド。広大な山々に囲まれた大自然豊かな世界屈指の景勝地は、日々観光客で賑わっていた。
一方、ここは過去に山崩れの大災害が起きた危険な一面もあり、地質学者のクリスチャン(クリストファー・ジョーナー)は、長年この地で地質研究に取り組んでいた。
しかし、家族の将来を考え、大手石油会社からのオファーを受け入れ、家族と共に都市部へ引っ越す事を決めていた。
そして、引っ越し前日。クリスチャンは、ホテルに妻と息子を残し、愛する娘と住み慣れた我が家での時間を過ごしていたが、突然、自然の異変を察知する。
とっさに大規模な岩山崩落の前兆だと確信するクリスチャン。そして彼の不安は的中してしまう。ガイランゲルの町に響き渡る緊急避難警報!
大津波が到達するまでの時間は、わずか10分…。(AMAZONより引用)

所感

地味だけど、悪くない感じ。
この手のディザスタームービーとしては良作のほうにはいるのではないでしょうか。

ノルウェー固有の海岸線が入り組んだ地形「フィヨルド」を題材に、そこで、上流で大規模な岩盤崩落が起こった結果、流域に津波のような災害が起こるという、ノルウェーっぽさをいかした設定です。
前半はとくに地質学者がその予兆をとらえて確信にせまっていくとろとか、ノルウェー感をだしながら、ディザスタームービーの王道である感じをちゃんとだしてくれてます。
刻一刻と災害の予兆は姿を現すのに、「まだ警報はええんちゃう?」みたいなうだうだ感。とても、いい感じです。

ただ、後半災害がおこってからの人間描写はもろもろ違和感を感じるシーンがありました。この辺も国民性の違いなのかと無理やり納得はしましたが。

ちなみに監督さんは「ローアル・ユートハウグ」という方。
こういう地味丁寧な作品は好きなので、ヒューマンドラマ系をとってる監督さんなのかなと、過去作をみてみると出てきたのは

「ローアル・ユートハウグ」監督「レジェンド・オブ・シルバー 借りぐらしの妖精」
レジェンド・オブ・シルバー 借りぐらしの妖精」
「ローアル・ユートハウグ」監督「エスケープ 暗黒の狩人と逃亡者」
「エスケープ 暗黒の狩人と逃亡者」

の2作品。
意外、ファンタジー、アドベンチャー系の作品を撮ってられるですねー。
ちょっと過去作も見てみようと思いました。
こういう監督には、どんどんハリウッド進出して大きい予算で作品撮ってほしいもんですねー。

上映時間も105分とコンパクトなので、ちょうどいい感じのディザスター良作、佳作でした。
ディザスタームービーー好きなら、見といて損はない1作でした。



0 件のコメント :

コメントを投稿