Gyaoのほりだしもん「アウターマン」


ウルトラマンのパロディ的な作品
「アウターマン」Gyaoで見ました!

正直15分持つかなーと思いながら
寝る前にみましたが、意外や意外いっきに最後までみてしまいました!

あらすじ

国民的特撮ヒーロー番組として50年にもわたって放映されている「アウターマン」。しかし、それは悪の宇宙人アウターマンが地球戦略の布石として人類洗脳のために制作していた番組で、劇中で敵として描かれているシルビー星人こそが正義の宇宙人だった。番組で歴代アウターマンを演じてきた俳優たちは、ふとしたことからその事実を知り、さらにそこへ本物のアウターマンが出現したことから、シルビー星人と共闘しようと決意する。だが、アウターマンの正体を知らない民衆は、そんな彼らを激しく非難するが……。
引用:シネマトゥデイ 

感想

「ウルトラマン」にメタ視点をいれたパロディ作品で
子供向けの特撮作品ではありません(特撮で育った大人用)。

ローバジェット故もろもろ緩い展開ありますが(その辺を愛を持って見れば)、アイデアと役者さんのパワーで、結構楽しめる作品だと思います。

出演してる役者は、一般的にはそんなに知られてはない方がほとんどだと思いますが、皆どの役も皆キャラがたってていい感じなんでです。

特に気になったのは、主役の一人シルビー星人を演じるTMレボリューションっぽい雰囲気のGeroさん。

ちょっと調べてみたら、歌い手出身のアニソン、ロックシンガーらしく
なんでも映画は初めてとのことで、これは結構びっくり。
この人がでてきてから急に話に引き込まれところもあるので、今後どんどん役者としても活躍して欲しいなーと思いました。

ハチ(米津元帥)のボーカロイド作品「砂の惑星」を歌った作品すごいかっこ良かった↓


あと、シルビー星人っていう名前にも笑っちゃいました。
これって、あきらかあのCMソングを歌う、「シルヴィ・ヴァルタン 」からとってると思うんだけど

これで、シルビー星人の元ネタが何かわかりますね。

こんな感じでニヤリとさせるスパイスがきいてて、例えばアウターマンを倒すためには、アウターマンに最も愛着のない人間を探す必要があるんだけど、それがアウターマンを演じているイケメン俳優だったり、他にも細々とちりばめられた皮肉めいたセリフが面白いんです!

ちょっとでも気になってしまったあなた!
今回は9/30まで!
GYAO「アウターマン」

0 件のコメント :

コメントを投稿